« 追跡者:「逃亡者」のスピンオフ・ドラマ | トップページ | セーラー服と機関銃:アイドルとヒット曲 »

男たちの大和/YAMATO

 戦争映画というと、国粋主義的か反戦主義的かという色分けが、とかくされがちでしたが、この作品はさほど主義というものは感じませんでした。かえって軽く日常を描いているような感じがしました。「死ぬな」という部下に言う上官、「必ず帰って来て」という母や恋人。とかく戦時中は一億総玉砕的風潮というイメージが強かったのですが、これが日常であり人々の素直な気持ちだったのではないでしょうか。

 キャストでは、現代に仲代達矢、過去の大和内では渡哲也などが脇を閉めて、ドラマ全体に重厚さを加えています。

 製作費が公称25億円というだけあって、壮大な大和セットが話題になりましたが、映像を見ると「タイタニック」を思い出された方も多かったのではないでしょうか。

|

« 追跡者:「逃亡者」のスピンオフ・ドラマ | トップページ | セーラー服と機関銃:アイドルとヒット曲 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男たちの大和/YAMATO:

« 追跡者:「逃亡者」のスピンオフ・ドラマ | トップページ | セーラー服と機関銃:アイドルとヒット曲 »