ひょっこりひょうたん島:NHKの伝説的人形劇

 映画「ALWAYS三丁目の夕日64」の中で垣間見た、「ひょっこりひょうんたん島」。懐かしい、テレビ番組です。

 僕が小学校の頃(1967年以降?)、いつの間にか毎回見ていた「ひょっこりひょうたん島」は、なぜ海を漂流することになったのか。島内の出来事に熱中していた、肝心なことが気にならなかったんですね。

 実は、サンデー先生が子どもたちと遠足に行ったところ、ひょうたん島の噴火活動で、島が流れ出したことがきっかけでした。その後、いろいろな人が島に入ってきた珍騒動の物語でした。サンデー先生は、楠トシエさんでしたが、中山千夏さんや藤村有弘さんなども声優で出演していました。

 主題曲は、ザ・フォーク・クルセダースなどがカバーしていましたが、テレビでは前川陽子さんが歌っていました。久里洋二さんのアニメーションが印象的でしたね。

| | コメント (0)

宇宙戦艦ヤマト:地球を守る宇宙船に変身したヤマト

 太平洋戦争で沈没した戦艦大和が復活。これは、本当に驚きましたね。まして、その戦艦が地球を守るために宇宙に飛び出し、異星人たちと戦うという内容は、当時本当の新鮮でした。

 テレビ上映が始まったのは、僕が高校生の頃。その後も続編が放映されて、大学生時代のコンパで、よくテーマソングを歌っていたものです。

 同じ松本零士さんの作品で、「銀河鉄道999」もよく見ていました。スポ根アニメに飽きて、宇宙に憧れが移っていった頃だったかもしれません。

| | コメント (0)

怪物くん:怪獣ランドから来たやさしい怪物たち

 これは、僕が小学2年生の頃(1965年)のテレビアニメで、当時はモノクロでした。子どもの頃は、少年画報や少年キングでも読んでいた記憶があります。藤子不二雄さんの名作で、「忍者ハットリくん」や「パーマン」などを彷彿させるものがありましたね。

 当時売れっ子だった藤子不二雄さんですが、よくこんなに多くのアニメが書けるものだと感心していました。

 怪獣ランドからのお供には、ドラキュラ、オオカミ男、フランケンの3匹の怪獣たちでしたが、怪物くんたちの相手は、悪魔組織や宇宙からの怪物たちというモチーフは、「ゲゲゲの鬼太郎」にも通じるところがありますね。

| | コメント (0)

タイガーマスク:憧れた伊達男の強さ

 プロレス・ブームの一翼を担ったアニメでした。テレビ上映されていたころは、スポ根作品が多くて、涙と汗が底流にありました。「タイガー・マスク」では、「孤児院から出世したレスラー」でしたから、涙が底流にありましたが、元来強いプロレスラーでしたね。

 名前も「伊達直人」で、かっこいいスポーツカーを乗っている姿に、憧れを感じました。

 テーマソングは、今でも鼻歌に出てきますが、エンディングの「みなし児のバラード」もいい曲です。伊達男の強さに憧れたアニメでした。

| | コメント (0)

妖怪人間ベム:人造人間か妖怪か?

 

 実写版、「妖怪人間ベム」が放映終了。約40年前のアニメ世代の僕にとっては、懐かしくも冷めた感じのドラマでした。

 

 これは、僕が小学4年(1968年)の頃の作品です。「早く人間になりたい:という言葉が、小学校で流行しました。この翌年、「ゲゲゲの鬼太郎」がアニメ化されていますから、妖怪アニメの先駆けかもしれません。

 

 しかし、この妖怪たちは人造人間っぽく、しかも無国籍的でホラー性が高いこともあり、大ヒットというところまでいきませんでしたね。

 

 今見ると、不適切な言語が多く、現代的なアニメではありませんが、子どもながらに怖いアニメというイメージあります。

 

| | コメント (0)

しばらくお休みします。

 いつもお世話になります。

 事情により、半年程お休みします。

| | コメント (0)

アタックNO1

 バレーボール・ブームが久し振り返り咲きといった感じでした。東洋の魔女が東京オリンピックでメダルを取り、女子バレーボールが脚光を浴びて5年後。バレーボールは、このアニメでまた脚光浴びたといってもいいでしゅう。当時ではドラマ「サインはV」とともに、2大バレーボール物語のひとつです。

 主役の鮎原こずえの声優は、小鳩くるみでした。ポニーテールの髪型でアタックしている姿は、可愛くもあり、かっこよかったですね。主題歌の中で、「・・涙がでちゃう だって女の子だもん・・♪♪」という歌詞がありますが、男の子も夢中になったアニメです。

| | コメント (0)

巨人の星

 僕が小学校の頃のテレビ番組を思い出す時に、一番に思い出されるアニメ。小学5年生で野球好きの僕は、テレビに夢中になり、全単行本を買い求めました。長い物語でしたね。

 物語は、長嶋茂雄が巨人に入団した1958年から、巨人に入団した飛雄馬が、大リーグボール3号を投げて、マウンドで倒れる71年まで。まさに、大河ドラマでした。大リーグボール養成ギブスなどは、子どもながらにかっこいいと思いました。阪神の花形満や大洋の左門豊作はフィクションですが、実在の選手が同名で物語に主演しているので、どこまでが本当なのか、わからなくなったことがありました。

 まさに、一憶巨人ファンを作ったアニメと言っても過言ではないような気がします。

| | コメント (0)

タイガーマスク

 プロレス・ブームの一翼を担ったアニメでした。テレビ上映されていたころは、スポ根作品が多くて、涙と汗が底流にありました。「タイガー・マスク」では、「孤児院から出世したレスラー」でしたから、涙が底流にありましたが、元来強いプロレスラーでしたね。

 名前も「伊達直人」で、かっこいいスポーツカーを乗っている姿に、憧れを感じました。

 テーマソングは、今でも鼻歌に出てきますが、エンディングの「みなし児のバラード」もいい曲です。伊達男の強さに憧れたアニメでした。

| | コメント (0)

ウルトラQ

 怪獣作品というと、どうしても映画だった時代。この作品は、子どもから大人まで、家庭で楽しめる特撮を紹介した番組でした。内容も、単なる怪獣ものだけでなく、現代的な矛盾を突いたストーリーが多かったように思います。

 テーマ音楽は単調でしたが、心を魅了するものがありましたし、ミステリーゾーンを語る石坂浩二のナレーションもインパクトがありましたね。僕が小学校3年の頃から始まったのですが、幼心に怖さを感じたこともありました。

この作品には、東宝の怪獣映画を取り入れたものが多くあり、子どもながらに映画とテレビで、二重に怪獣映画を楽しんでいたような気がします。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧