« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

宇宙戦艦ヤマト:地球を守る宇宙船に変身したヤマト

 太平洋戦争で沈没した戦艦大和が復活。これは、本当に驚きましたね。まして、その戦艦が地球を守るために宇宙に飛び出し、異星人たちと戦うという内容は、当時本当の新鮮でした。

 テレビ上映が始まったのは、僕が高校生の頃。その後も続編が放映されて、大学生時代のコンパで、よくテーマソングを歌っていたものです。

 同じ松本零士さんの作品で、「銀河鉄道999」もよく見ていました。スポ根アニメに飽きて、宇宙に憧れが移っていった頃だったかもしれません。

| | コメント (0)

怪物くん:怪獣ランドから来たやさしい怪物たち

 これは、僕が小学2年生の頃(1965年)のテレビアニメで、当時はモノクロでした。子どもの頃は、少年画報や少年キングでも読んでいた記憶があります。藤子不二雄さんの名作で、「忍者ハットリくん」や「パーマン」などを彷彿させるものがありましたね。

 当時売れっ子だった藤子不二雄さんですが、よくこんなに多くのアニメが書けるものだと感心していました。

 怪獣ランドからのお供には、ドラキュラ、オオカミ男、フランケンの3匹の怪獣たちでしたが、怪物くんたちの相手は、悪魔組織や宇宙からの怪物たちというモチーフは、「ゲゲゲの鬼太郎」にも通じるところがありますね。

| | コメント (0)

タイガーマスク:憧れた伊達男の強さ

 プロレス・ブームの一翼を担ったアニメでした。テレビ上映されていたころは、スポ根作品が多くて、涙と汗が底流にありました。「タイガー・マスク」では、「孤児院から出世したレスラー」でしたから、涙が底流にありましたが、元来強いプロレスラーでしたね。

 名前も「伊達直人」で、かっこいいスポーツカーを乗っている姿に、憧れを感じました。

 テーマソングは、今でも鼻歌に出てきますが、エンディングの「みなし児のバラード」もいい曲です。伊達男の強さに憧れたアニメでした。

| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »