« しばらくお休みします。 | トップページ | タイガーマスク:憧れた伊達男の強さ »

妖怪人間ベム:人造人間か妖怪か?

 

 実写版、「妖怪人間ベム」が放映終了。約40年前のアニメ世代の僕にとっては、懐かしくも冷めた感じのドラマでした。

 

 これは、僕が小学4年(1968年)の頃の作品です。「早く人間になりたい:という言葉が、小学校で流行しました。この翌年、「ゲゲゲの鬼太郎」がアニメ化されていますから、妖怪アニメの先駆けかもしれません。

 

 しかし、この妖怪たちは人造人間っぽく、しかも無国籍的でホラー性が高いこともあり、大ヒットというところまでいきませんでしたね。

 

 今見ると、不適切な言語が多く、現代的なアニメではありませんが、子どもながらに怖いアニメというイメージあります。

 

|

« しばらくお休みします。 | トップページ | タイガーマスク:憧れた伊達男の強さ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。