« アタックNO1 | トップページ | こちら葛飾区亀有公園前派出所 »

あしたのジョー

 「あしたのジョー」が少年マガジンに掲載されていたのは、僕が小学生の頃。発売日には近所の本屋さんに行って、立ち読み。余り長く読んでいて、よくおじさんから怒られていました。これがテレビで上映され始めた頃は、僕も中学生になっていました。

 いわゆるスポ根ものの先駆けですが、野球の「巨人の星」と肩を並べるスポ根代表作でしょう。ジョーのライバルだった力石徹が死んだ時は、子ども心に悲しかったですね。

 そういえば、自宅近くの空港にハイジャックされたよど号が着陸して、「われわれはあしたのジョーである」と言っていたことを聞いて、奇異に感じたことを思い出します。

不遇の主役ジョーの生きざまを、自分と重ね合わせていたころが、とても懐かしいですね。

|

« アタックNO1 | トップページ | こちら葛飾区亀有公園前派出所 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。