« エイトマン:近未来指向のスーパーロボット | トップページ | ウルトラマン:シュワッチが合言葉 »

ウルトラセブン:怪獣たちに愛着を感じたドラマ

 これは、ウルトラ・シリーズの4作目の作品でした。ウルトラマンが終了して、キャプテン・ウルトラが放映されましたが、その後のウルトラセブンの戦いの場は、宇宙に向いていたような感じがします。地球防衛軍がいて、モロボシ・ダンが加わって、宇宙からの怪獣と戦うといったストーリーが記憶に残っていました。

 当時の怪獣映画も、子ども向けの人類の味方としての怪獣たちが総出演していましたが、それらの相乗効果を狙ったものでしょうか。怪獣の怖さよりも、ヒーローと怪獣に愛着を感じていた頃でした。

TSUTAYA online官僚たちの夏

|

« エイトマン:近未来指向のスーパーロボット | トップページ | ウルトラマン:シュワッチが合言葉 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラセブン:怪獣たちに愛着を感じたドラマ:

« エイトマン:近未来指向のスーパーロボット | トップページ | ウルトラマン:シュワッチが合言葉 »