« ウルトラマン:シュワッチが合言葉 | トップページ | 休刊 »

銀河鉄道999:メーテルに憧れた頃

 モデルは、宮沢賢治の「銀鉄道の夜」ですが、これほど現代的に宇宙を描いた作品はないのではないでしょうか。

 列車がプラット・ホームから静かに離れ、やがて銀河を目指して走っていく光景は、感動してしまいました。登場人物は、鉄郎という日本の子どもでしょうが、同伴者のメーテルは優しくて、どこかの令嬢に見えたものです。メーテルの優しさと銀河の夢に憧れたアニメです。

EIZOダイレクト

|

« ウルトラマン:シュワッチが合言葉 | トップページ | 休刊 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀河鉄道999:メーテルに憧れた頃:

« ウルトラマン:シュワッチが合言葉 | トップページ | 休刊 »