« スーパージェッター:日本が誇る時空警察 | トップページ | サスケ:忍者ブームと歴史観 »

ジャングル大帝:国産カラーアニメのヒット作品

 このアニメは、まんが本として登場したのは古く、僕が生まれる前1950年のことでした。これが、アニメとしてテレビに登場したのは、僕が小学校3年生の頃。主題曲は富田勲さんの作曲ですが、当時としてはオーケストラで壮大なアニメ音楽は異例でしたね。エンディング・テーマで弘田三枝子さんが歌った「レオのテーマ」は、当時よく売れたようです。

 あの頃は、テレビもカラーだったんですよね。そういえばカラフルなカラーのアニメだったことが思い出されます。しかも、提供が家電関係でしたから、やはりカラーテレビの普及を狙ったものですよね。

 最近、「ライオン・キング」というミュージカルが話題になりましたが、あまりにも「ジャングル大帝」と酷似しているということで国際問題になりました。世界に誇る日本アニメは、この頃大きく成長し始めたんでしょうね。

EIZOダイレクト 液晶テレビ FORIS

|

« スーパージェッター:日本が誇る時空警察 | トップページ | サスケ:忍者ブームと歴史観 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャングル大帝:国産カラーアニメのヒット作品:

« スーパージェッター:日本が誇る時空警察 | トップページ | サスケ:忍者ブームと歴史観 »