« マグマ大使:機動戦士の先駆けドラマ | トップページ | ビッグX:反戦アニメの先駆け »

ひょっこりひょうたん島:NHKの伝説的人形劇

 僕が小学校の頃(1967年以降?)、いつの間にか毎回見ていた「ひょっこりひょうたん島」は、なぜ海を漂流することになったのか。島内の出来事に熱中していた、肝心なことが気にならなかったんですね。

 実は、サンデー先生が子どもたちと遠足に行ったところ、ひょうたん島の噴火活動で、島が流れ出したことがきっかけでした。その後、いろいろな人が島に入ってきた珍騒動の物語でした。サンデー先生は、楠トシエさんでしたが、中山千夏さんや藤村有弘さんなども声優で出演していました。

 主題曲は、ザ・フォーク・クルセダースなどがカバーしていましたが、テレビでは前川陽子さんが歌っていました。久里洋二さんのアニメーションが印象的でしたね。

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

|

« マグマ大使:機動戦士の先駆けドラマ | トップページ | ビッグX:反戦アニメの先駆け »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひょっこりひょうたん島:NHKの伝説的人形劇:

« マグマ大使:機動戦士の先駆けドラマ | トップページ | ビッグX:反戦アニメの先駆け »