« 快獣ブースカ | トップページ | 黄金バット »

怪傑ハリマオ

 不思議なのですが、僕が3歳(1960年)の頃の作品なんですが、覚えて居るんですね。自宅にテレビがあって、毎日見ていたんですね。「ハリマオ」とは、マレー語で「虎」というのですが、サングラスに白いターバンは印象的でした。当時東南アジアの国々のことも、戦争のことも知りませんでしたが、馬に乗り銃で悪者を倒していくことに憧れを感じ、服装を真似ていましたね。

 三橋美智也が歌うオープニング・テーマは、今でも歌えます。子どもの頃、毎日歌っていたそうです。きっと、歌を通して覚えているドラマなんでしゅおね。

 このドラマはモノクロだったんですが、一部カラーで作られたとのこと。日本初のカラー作品かもしれませんね。ちなみに、この作品の前は、「新吾十番勝負」でした。

オンライン書店 boople.com(ブープル)

セブンアンドワイ

|

« 快獣ブースカ | トップページ | 黄金バット »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怪傑ハリマオ:

« 快獣ブースカ | トップページ | 黄金バット »