« 天才バカボン | トップページ | 鉄人28号 »

鉄腕アトム

 「鉄腕アトム」が、テレビアニメとして登場したのは、僕が年長(1963年)の頃でした。モノクロの場面を、今もよく思い出します。しかし歴史は、1951年の「アトム大使」まで遡ります。当時は、原子力を燃料としいたため、アメリカ原題では「アストロ・ボーイ」でしたが、現代では核融合の子になっています。ここにも時代の流れを感じます。

 当時近未来ドラマやSFドラマは多くありましたが、それらは人間がロBポットを操縦するといったものが多かったのですが、手塚さんの創作物は人間の気持ちがわかるロボットでした。ロボットも人類と共存できる時代を夢見た手塚さんならではの作品です。

オンライン書店 boople.com(ブープル)

セブンアンドワイ

|

« 天才バカボン | トップページ | 鉄人28号 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄腕アトム:

« 天才バカボン | トップページ | 鉄人28号 »