« コンバット | トップページ | 海底大戦争スティングレイ »

奥様は魔女

 これは、僕が小学4年生の頃(1966年)に放映されていたコメディ・ドラマでした。結婚した妻が魔女だったという設定ですが、ダーリンは魔法を使うことを禁じていましたね。その子どもたちも、大きくなるにつれて、自分が人とは違うということがわかり始めた頃が、面白かったですね。

 このドラマ以降、日本では「魔法使いサリー」などの魔法ものアニメが脚光を浴びました。これらの主人公は女性でしたが、男性あるいは男子も好んで見ていました。魔女というと、本来ならばお婆さんで、恐怖を感じさせる対象でしたが、若くしかもきれいな女性が魔女を演じると言う点で、高感度が高いドラマとなりました。どこか、映画「ハリー・ポッター」を思い出させるドラマです。

オンライン書店 boople.com(ブープル)

|

« コンバット | トップページ | 海底大戦争スティングレイ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥様は魔女:

« コンバット | トップページ | 海底大戦争スティングレイ »