« キングコング対ゴジラ | トップページ | 大巨獣ガッパ »

大怪獣ガメラ

 この作品は1965年に公開されましたが、僕はその後ビデオで見ました。ストーリーはきわめて「ゴジラ」に似ていて、北極海の氷の下に眠っていたガメラが原爆により目を覚まし、北海道の襟裳岬に上陸するというもの。ガメラ・シリーズの第1作目ですが、低予算だったためこの作品だけモノクロ。しかし、かえってシリーズの中では、重みのある作品となっています。この作品のガメラは、破壊もしますが、子どもを助ける場面などもあることから、子どもを対象にした怪獣映画という面が最初から濃厚でした。

 1957年に東宝が「ゴジラ」を公開して、8年。すでに東宝も怪獣映画の大衆娯楽化に進んできていたこともあり、遅ればせながら大映は最初から子どもをターゲットにした怪獣映画が目的だったんでしょうね。

ワーナー・マイカル・シネマズ

|

« キングコング対ゴジラ | トップページ | 大巨獣ガッパ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 ごめんください。突然のコメントで恐れ入ります。
 私は、下記のTBを致しました「ガメラ医師のBlog」管理人のガメラ医師と申します。映画ガメラに関する情報収集Blogを更新しており、こちらの記事には「ガメラ」の検索から参りました。
 拙Blogでは従来より、昭和のガメラシリーズに付いての観賞記事をまとめておりまして、この度7月28日付けの下記TBの更新中にて、こちらの記事を紹介させて頂きましたので、ご挨拶に参上した次第です。差し支えなければ拙Blogもご笑覧頂ければ幸いです。
 長文ご無礼致しました。それではこれにて失礼します。

投稿: ガメラ医師 | 2009年7月28日 (火) 18時52分

ありがとうございました。今後とも、よろしくお願い致します。

投稿: とし坊 | 2009年7月29日 (水) 10時21分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大怪獣ガメラ:

» ガメラ:昭和(湯浅)版視聴記など 2009/07/28 [ガメラ医師のBlog]
 本日二本目の更新です。一本目「 7月下旬のガメラだらけ」はこちら。 前回の「湯浅版視聴記 /07/23」にはこちらより。  湯浅版の思い出: 『となりの豚トロ』 http://tatuiti.jugem.jp/ さん、7月23日の更新。 マスキングってトーン貼りに似てる( ^o^) 【画像あり】 http://tatuiti.jugem.jp/?eid=243  記事の前半は、イラスト関連の記事です。ラフの画像と進行状況とか、アクリルグァッシュとマスキングの関係についてとか。  記事の後半に... [続きを読む]

受信: 2009年7月28日 (火) 17時17分

« キングコング対ゴジラ | トップページ | 大巨獣ガッパ »