« キイハンター | トップページ | 豹(ジャガー)の目 »

雑居時代

 これは、僕が中学3年生の頃(1973年)、高校受験を前に見ていたドラマです。受験を控えて、よく見ていたものだと思います。親に勘当されたカメラマン大場十一が、自宅でありながら、女5人との共同生活をするという設定の、面白いドラマでした。二女・夏代とは喧嘩ばかりでしたが、最後はめでたく結婚。この夏代役が、大原麗子でした。当時から綺麗な方でしたが、反面若い時から落ち付かれた美しさだったんですね。末娘が、阿万里。彼女が、十一にとっては五人姉妹の中では、一番の味方でした。それが、杉田かおる。

 このドラマの前作が、「パパと呼ばないで」ということですから、石立鉄男と杉田かおるの共演は、2作目だったんですね。二人の息はぴったりで、その間に大原麗子が入るという構図。石立ドラマの秀作でした。

HMVジャパン

|

« キイハンター | トップページ | 豹(ジャガー)の目 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑居時代:

« キイハンター | トップページ | 豹(ジャガー)の目 »