« 海底大戦争スティングレイ | トップページ | サンダーバード »

宇宙家族ロビンソン

 これは、僕が小学校4年生の頃(1966年)にテレビで放映されていたドラマです。宇宙冒険的な作品は一般は特撮手法を駆使しますが、これは宇宙移民として迷子になったストーリーから家族的ドラマとなっています。時代設定は、1997年に人口問題を抱える地球が、宇宙移住計画を作って、地球人を宇宙に移住させるというもの。ロビンソン一家は、初の宇宙移民としてジュピター2号に乗っていくのだが、目的外の惑星に着陸。そこで、宇宙船の修理をしながら生活を続けるというストーリーでした。

 1997年は、すでに過去になってしまいましたが、宇宙服を着用せず、地球的に生活を続ける家族が不思議でした。僕は、個人的には子どものウィルが好きでしたが、ロボットのフライディもかわいかったですね。フライディは、どこか「スターウォーズ」のR2-D2を想起させますね。

EIZOダイレクト Eco 液晶モニター

|

« 海底大戦争スティングレイ | トップページ | サンダーバード »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙家族ロビンソン:

« 海底大戦争スティングレイ | トップページ | サンダーバード »