« 熱中時代:教師編 | トップページ | モスラ »

ゴジラ(1954年版)

 1954年当時の「ゴジラ」映画は、「ゲテモノ映画」呼ばわりされていたとのこと。しかし、歴史的には、特撮映画として金字塔を立てたシリーズとなった。

 アメリカのキングコングから遅れること、21年。終戦の傷跡がなお残る日本に、怪獣が出現。しかも、アメリカの水爆実験の影響によってもたらせたものとなれば、世界で唯一の被爆国である日本としては穏やかではない。日本に原爆が投下されて、9年しか経っていない時期。ゴジラは、ビキニ島の核実験による第5福竜丸事件をきっかけに生まれた。ゴジラは怪獣という人間の恐怖の対象物というだけでなく、核の落とし子的な存在と政治性をもった生き物として人間の前に登場した訳だから、その衝撃は大きかったに違いない。

 山上からゴジラの頭が出てきた時は、背筋が凍るほど。国会では、女性議員が論語白熱。男性議員が押され気味の感じを受けるのは、現代に通じるものがありますね。ゴジラから破壊されていく東京を見て、戦争の空襲で廃墟となった都市を思い起こしたとのこと。ゴジラの生態を紐解き、ゴジラを消滅させようと真剣に取り組む姿勢は、人類をゴジラから守ろうとする、平和への執念を感じますね。反面、オキシンジェンデストロイヤーで死んでいくゴジラの映像は、悲観的で寂しい感じがします。

 ゴジラ・シリーズの初版となり、アメリカにも輸出された怪獣映画。日本映画の歴史を語る上では、必見の価値ある映画ですね。

セブンアンドワイ

|

« 熱中時代:教師編 | トップページ | モスラ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴジラ(1954年版):

« 熱中時代:教師編 | トップページ | モスラ »