« 巨人の星 | トップページ | あしたのジョー »

アタックNO1

 バレーボール・ブームが久し振り返り咲きといった感じでした。東洋の魔女が東京オリンピックでメダルを取り、女子バレーボールが脚光を浴びて5年後。バレーボールは、このアニメでまた脚光浴びたといってもいいでしゅう。当時ではドラマ「サインはV」とともに、2大バレーボール物語のひとつです。

 主役の鮎原こずえの声優は、小鳩くるみでした。ポニーテールの髪型でアタックしている姿は、可愛くもあり、かっこよかったですね。主題歌の中で、「・・涙がでちゃう だって女の子だもん・・♪♪」という歌詞がありますが、男の子も夢中になったアニメです。

EIZOダイレクト

|

« 巨人の星 | トップページ | あしたのジョー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アタックNO1:

« 巨人の星 | トップページ | あしたのジョー »