« マッハGOGOGO | トップページ | ひょっこりひょうたん島 »

マグマ大使

 僕が小学校5年性の頃(1966年)に始まった、手塚治虫原作の実写ドラマでした。マグマ大使とゴアの勧善懲悪ドラマでしたから、小学生ながらわかりやすかったですね。体がロケットになっていくという発想は、その後の「機動戦士ガンダム」の発想で、映画「トランスフォーマー」の元祖を見る感じです。マグマ大使には、息子ガムと妻モルがいるというのが、まさに子ども向けですね。これも、ゴジラ・シリーズに息子ミニラが登場して、子どもに評判だったということもあるのでしょうか。

 主役の村上マモルは、その後フォーリーブスでアイドルとなる江木俊夫さん、お父さんは二枚目俳優の岡田真澄さんでした。

オンライン書店 boople.com(ブープル)

|

« マッハGOGOGO | トップページ | ひょっこりひょうたん島 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マグマ大使:

« マッハGOGOGO | トップページ | ひょっこりひょうたん島 »