« ブログでフォーク:さだまさし 防人の詩 | トップページ | ブログでフォーク:加川良 下宿屋 »

ブログでフォーク:岡林信康 チューリップのアップリケ

 岡林と言えば、フォークの神様。彼は、「山谷ブルース」でデビューして、「友よ」や「チューリップのアップリケ」などを発表して、一躍神様となっていったのですが、そのほとんどが放送禁止歌となってしまいました。ですから聴く機会はレコードしかありませんでした。僕にとっては、彼の歌の中で、印象的なのが「手紙」でした。部落問題をとりあつかった詩ですが、ギターの練習曲としては最適でした。彼のスタイルは、大学の神学部で学びながら信仰の疑問から、現実を歌にするシンガーでした。

 やがて彼は、はっぴえんどをバックにロック調の曲を発表していくのですが、70年代後半には演歌的な曲を書くようになりました。最近では、往年のスタイルでのコンサート活動を行っています。

|

« ブログでフォーク:さだまさし 防人の詩 | トップページ | ブログでフォーク:加川良 下宿屋 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブログでフォーク:岡林信康 チューリップのアップリケ:

« ブログでフォーク:さだまさし 防人の詩 | トップページ | ブログでフォーク:加川良 下宿屋 »