« ブログで歌謡曲:原田真二 タイムトラベル | トップページ | ブログでフォーク:かぐや姫 神田川 »

ブログでフォーク:吉田拓郎 旅の宿

 この曲は、吉田拓郎の4枚目のシングルで、1972年に発売されました。僕が、中学2年生の頃で、意外さを感じた曲です。吉田拓郎と言えば、フォークの貴公子で、アコースティックギターとハーモニカが象徴的。この曲もアルバム「元気です」に収録されており、前作「結婚しようよ」と同様、ギターが基本の曲。

 しかし、シングル「旅の宿」は、フォークというより妖艶で演歌的に聴こえる感じがありました。その後、「襟裳岬」などにも通ずる面があるような感じがします。

 アルバム「元気です」には、 アコースティック・ギターの「せんこう花火」「祭りのあと」は、名曲です。「夏休み」「旅の宿」は、拓郎のスタンダード・ナンバーです。「たどりついたらいつも雨降り」は、当時モップスが歌ってヒットしました。

|

« ブログで歌謡曲:原田真二 タイムトラベル | トップページ | ブログでフォーク:かぐや姫 神田川 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブログでフォーク:吉田拓郎 旅の宿:

« ブログで歌謡曲:原田真二 タイムトラベル | トップページ | ブログでフォーク:かぐや姫 神田川 »