« ビートルズ プリーズ・プリーズ・ミー | トップページ | A Hard Day’s Night-ビートルズがやって来るヤア!ヤア!ヤア! »

ボブ・ディラン 時代は変わる

 セカンド・アルバム「フリーホイーリン」が爆発的なセールスを記録し、ボブ・ディランは、フォークの神様と揶揄されるようになります。詩は洗練され、「時代は変わる」「ハッティ・キャロルの寂しい死」などは、いつの時代にも通じる高度なプロテスト・ソングとなっています。
 また、「ノース・カントリー・ブルース」は、日本では高石友也が、「受験生ブルース」として新しい詩を付けてヒットさせたことは、よく知られていますし、吉田拓郎もコンサートでは、「ハッティ・キャロルの寂しい死」に独自の詩を付けて歌っていました。
 ギター奏法は、簡素になっていますが、迫力は衰えていません。ジャケットの写真には、苦痛が伺えます。この頃のボブ・ディランは、公民権運動や恋人との愛に生きる若者だったのでしょうね。

|

« ビートルズ プリーズ・プリーズ・ミー | トップページ | A Hard Day’s Night-ビートルズがやって来るヤア!ヤア!ヤア! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボブ・ディラン 時代は変わる:

« ビートルズ プリーズ・プリーズ・ミー | トップページ | A Hard Day’s Night-ビートルズがやって来るヤア!ヤア!ヤア! »