« 小田和正 自己ベスト | トップページ | よしだたくろう 人間なんて »

よしだたくろう 伽草子

 フォーク界のプリンス・よしだたくろうが一殻を破って、独特の音楽センスを発揮したアルバム。
 「からっ風のブルース」や「春の風が吹いていたら」でけいこ夫人とデュエットしているところも、今となっては懐かしい。ヒットした「伽草子」は、拓郎節を感じながら、ヒット性を感じたものでした。これらの曲の中でひときわ際立つのが、弾き語りしている「制服」や「暑中見舞い」。垢抜けした拓郎でも、なぜかしらアコースティックがいいんです。この「制服」や「暑中見舞い」も、一生懸命ギター・コピーしたものでした。
 全体的には、まとまりのあるものになっており、メロディ・メーカーとしてのイメージを形作り始めた感じがするアルバムです。

|

« 小田和正 自己ベスト | トップページ | よしだたくろう 人間なんて »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よしだたくろう 伽草子:

« 小田和正 自己ベスト | トップページ | よしだたくろう 人間なんて »