« 中学時代の想い出を追って:悲しきジプシー | トップページ | レノン・レジェンドーザ・ヴェリ-・ベスト・オブ・ジュン・レノン »

中学時代の想い出を追って:アメリカン・パイ

「アメリカン・パイ」は、AB面で一曲になっています。とにかく長い歌です。最近では、マドンナが歌い、有名になりましたが、オリジナルは、ドン・マクリーンでした。

この曲がヒットする頃、ギターに興味を持ち始めていました。アコーステックの暖かい音色に引かれていた時期です。この曲の出だしも、アコーステック・ギターから静かに始まるのですが、終わりも静かにギターで終っていきます。この構成が好きで、よくレコードを聴いていました。S&Gの「ニューヨークの少年」も同じようにアコーステックから始まるものですが、当時はギターの音色に魅了されていたんですね。

このレコードで困ったのは、A面が終るとB面に返さないと最後まで聴けないことでした。その点、CDはいいなと思います。今は、アナログをデジタルにして、CDで聴いています。マドンナもよかったですが、オリジナルは、もっと味があります。
 しかし残念ながら、これ以降ドン・マクリーンの消息を聞いたことはありません。

|

« 中学時代の想い出を追って:悲しきジプシー | トップページ | レノン・レジェンドーザ・ヴェリ-・ベスト・オブ・ジュン・レノン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中学時代の想い出を追って:アメリカン・パイ:

« 中学時代の想い出を追って:悲しきジプシー | トップページ | レノン・レジェンドーザ・ヴェリ-・ベスト・オブ・ジュン・レノン »