« よしだたくろう 青春の詩 | トップページ | GOLDEN BEST/よしたくろう ひきがたり »

陽水Ⅱセンチメンタル

 井上陽水のセカンド・アルバムなんですが、青春の切なさを感じるアルバムです。当時としては、典型的なフォーク・ソングだったと思います。
 「東へ西へ」「夏まつり」「紙飛行機」は、当時の陽水の定番でした。「神無月にかこまれて」は、何度もレコードを聴いて、ギター・コピーをしていましたが、陽水の打つビート~叩きつけるギターが本当に心地よい感じでした。
「能古島の片想い」は、福岡のご当地ソングで、静かな人気でした。僕もカラオケでは、今でもこの曲を歌うことがあります。
72
年にリリースされていますから、吉田拓郎にやや遅れてはいるものの、フォーク・ソングが絶頂に向かいつつある頃のアルバムです。 

|

« よしだたくろう 青春の詩 | トップページ | GOLDEN BEST/よしたくろう ひきがたり »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陽水Ⅱセンチメンタル:

« よしだたくろう 青春の詩 | トップページ | GOLDEN BEST/よしたくろう ひきがたり »