« GOLDEN BEST/よしたくろう ひきがたり | トップページ | アルバムで追う高校時代:風街ろまん はっぴいえんど »

アルバムで追う高校時代:よしだたくろうオン・ステージ ともだち

フォークのプリンスと言われたよしだたくろうのライブ盤です。かなり初期のものですが、アコースティック・ギターをベースにしたライブで、雰囲気が伝わってきます。

このアルバムを初めて開いたのは、高校1年生の時。今から、30年ほど前。
ジャケットにはさまれていた、楽譜入り歌詞カード。 アルバムを購入して、すぐに、コードを見ながらギターの特訓。
 やがて、ハーモニカ・ホルダーを購入し、「イメージの詩」「ともだち」を弾きこんでいました。 毎日叫んでいたことが、懐かしい。 「老人の詩」は「青春の詩」の替え歌ですが、このギター・ピッキングを毎日練習。
 「マークⅡ」では、指を動かして、数種類の音を作り出すなど、練習をしていた時期でした。 このCDを聴くと、当時のことが懐かしく想いだされます。僕にとっては、拓郎ファンへのきっかけとなったアルバム。

前編のソロ演奏から、後編のミニバンド演奏へ。当時ラジオファンの憧れニッポン放送のフォークビレッジのコンサートとあって、当時の雰囲気がCDから伝わってきます。 青春の一ページが甦ってくる一枚です。

|

« GOLDEN BEST/よしたくろう ひきがたり | トップページ | アルバムで追う高校時代:風街ろまん はっぴいえんど »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルバムで追う高校時代:よしだたくろうオン・ステージ ともだち:

« GOLDEN BEST/よしたくろう ひきがたり | トップページ | アルバムで追う高校時代:風街ろまん はっぴいえんど »