« 陽水Ⅱセンチメンタル | トップページ | アルバムで追う高校時代:よしだたくろうオン・ステージ ともだち »

GOLDEN BEST/よしたくろう ひきがたり

 彼の歌声は、本当にギターの音にマッチしています。拓郎のファースト・ライブは、ギターとハーモニカ。
 斉藤哲夫の「されど私の人生」と「ともだち」は荒っぽい演奏ながら20代の彼を象徴したもの。 アルバム「人間なんて」では、「人間なんて」はもちろんですが、「ある雨の日の情景」「花嫁になる君に」で、印象的なギター・テクニックを披露してくれました。次のアルバム「元気です」では、「旅の宿」「祭りのあと」で、しっとりとギターを聴かせてくれました。アルバム「お伽草子」では、名曲と称してもいい「制服」「蒼い夏」をソロ演奏。このCDの曲は、これら拓郎のアルバムから、弾き語りを選曲したもの。とりわけ、彼が尊敬するボブ・ディランの「BLOWIN’IN THE WIND」が挿入されているのが特徴。
 やはり拓郎は、アコースティック・ギターが似合います。

|

« 陽水Ⅱセンチメンタル | トップページ | アルバムで追う高校時代:よしだたくろうオン・ステージ ともだち »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GOLDEN BEST/よしたくろう ひきがたり:

» 人間なんて [モックンモーガンフィールドのミッドナイト・10ホールハウス]
よしだたくろう 人間なんて(紙ジャケット仕様)(2006/04/05)吉田拓郎商品詳細を見る 今の自分もおかしいよ・・・ そう、確かにおかしい。 な... [続きを読む]

受信: 2008年10月13日 (月) 00時40分

« 陽水Ⅱセンチメンタル | トップページ | アルバムで追う高校時代:よしだたくろうオン・ステージ ともだち »