« アルバムで追う高校時代:陽水ライブもどり道 井上陽水 | トップページ | 中学時代の想い出を追って:シェリーに口づけ »

アルバムで追う高校時代:FIRST NSP

NSPは、高校生時代の甘い切ない思い出がよみがえってきます。今、手元にあるLPレコード盤は、疵で一杯です。楽譜が入っていたので、ギターを一生懸命練習していました。

彼らの詞は、高校生の僕にとっては共感できるところが多くて、歌っていても気負いを感じませんでした。少しセンチメンタルですが、少し背伸びしようとする気持ちがよかったですね。メロディも、単調で覚えやすく、抵抗なく受け入れていました。 彼らの詩をまねて、作詞したり、コード進行を辿ったりと想い出一杯のアルバムです。

最初の曲「あせ」もいいのですが、最後の「さようなら」がとてもいい。この曲を、ギターで練習していたことが懐かしく思い出されます。彼らのアルバムは「Ⅱ」から「ひとやすみ」まで購入しました。
 しかし、大学に進学すると、忘れてしまったような気がします。やはり、高校時代特有の香りがしたんでしょうね。

|

« アルバムで追う高校時代:陽水ライブもどり道 井上陽水 | トップページ | 中学時代の想い出を追って:シェリーに口づけ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルバムで追う高校時代:FIRST NSP:

« アルバムで追う高校時代:陽水ライブもどり道 井上陽水 | トップページ | 中学時代の想い出を追って:シェリーに口づけ »