« ザ・フォーククルセダース フォークル大百科事典 | トップページ | 南沙織 ベスト・コレクション »

太田裕美 200BEST

 甘え声がメロディにのって、心地よかったですね。

 太田裕美といえば、やはり「木綿のハンカチーフ」ですか? 高校時代、僕は彼女の声に、魅了されてしまいました。本当は、キャンディーズに入る予定だった彼女ですが、結果的に、ソロでよかったのでは・・。
 今でも思い出すのは、歌番組でピアノの弾き語りでうたっている光景。当時は歌謡曲が中心でしたから、ピアノを弾きながら歌うシンガーは珍しかったのです。だからこそ、あの甘え声がメロディにのった歌が、とても魅力的でした。
 「雨だれ」「九月の雨」などは定番ですが、大瀧詠一の「さらばシベリア鉄道」は必聴。
 数年前にNHKの朝ドラに出演していましたが、年を重ねても甘え声は変わっていなかったですね。

|

« ザ・フォーククルセダース フォークル大百科事典 | トップページ | 南沙織 ベスト・コレクション »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太田裕美 200BEST:

« ザ・フォーククルセダース フォークル大百科事典 | トップページ | 南沙織 ベスト・コレクション »