« S&G 卒業-オリジナル・サウンドトラック:音楽と映画の一体化の元祖 | トップページ | S&G  明日に架ける橋:永遠の名盤! »

S&G ブックエンド:充実のコンセプト・アルバム

 彼らの4枚目のアルバム。ビートルズの「サージャント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」と並び称せられる、S&Gのコンセプト・アルバムです。若くエネルギッシュなイメージから、人が老いに至るまでの生き様を客観的に描き上げた点は、ポールの人としての深さを感じさせるものです。

 昔の恋人キャシーとアメリカを旅した思い出を歌った「アメリカ」は、まさに名曲。映画「卒業」で効果的に使われて「ミセス。ロビンソン」の完全版と、映画で使われなかった「オーバース」「パンキーのジレンマ」や、日本でヒットした「冬の散歩道」も収録されています。このアルバムは1968年に全米1位、「ミセス・ロビンソン」もグラミー賞を受賞しています。オールド・フレンズ・コンサートのオープニング「オールド・フレンズ/ブックエンド」は、このアルバムが原点です。

|

« S&G 卒業-オリジナル・サウンドトラック:音楽と映画の一体化の元祖 | トップページ | S&G  明日に架ける橋:永遠の名盤! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: S&G ブックエンド:充実のコンセプト・アルバム:

« S&G 卒業-オリジナル・サウンドトラック:音楽と映画の一体化の元祖 | トップページ | S&G  明日に架ける橋:永遠の名盤! »