« サイモン&ガーファンクル 水曜の朝午前3時:S&Gは、ここから始まった。 | トップページ | S&G パセリ・セイジ・ローズ・マリー・アンド・タイム:理想社会から出発するコンセプト »

サウンド・オブ・オブ・サイレンス:イギリス時代の曲をメジャーにしたアルバム

 このアルバムのほとんどは、ポールがイギリスで演奏旅行をしていた頃に作られた曲です。「サウンド・オブ・サイレンス」は、すでに大ヒットした後ですが、その他の曲もその後受け入れられて、現在でも歌い継がれています。

 映画「卒業」に使われた、「サウンド・オブ・サイレンス」と「4月になれば彼女は」。オールド・フレンズ・コンサートで、現在でも歌われている「木の葉は緑」や「キャシーの歌」「アイ・アム・ア・ロック」などは、スタンダードといっても過言ではありません。「リチャード・コリー」は、かつてポール・マッカートニー&ウイングスが、ステージで歌ったナンバーでした。

 アルバム発売時は、ロック・グループの波が押し寄せ始めた時で、どちらかというと、S&Gとしては、ぎこちなさが感じられましたが、今や名盤です。ポールのギター独奏「アンジー」は、聴き応えがあります。CDには、ボーナス・トラックとして、イギリス活動時代に共作した曲も入っており、得する一枚です。

|

« サイモン&ガーファンクル 水曜の朝午前3時:S&Gは、ここから始まった。 | トップページ | S&G パセリ・セイジ・ローズ・マリー・アンド・タイム:理想社会から出発するコンセプト »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サウンド・オブ・オブ・サイレンス:イギリス時代の曲をメジャーにしたアルバム:

« サイモン&ガーファンクル 水曜の朝午前3時:S&Gは、ここから始まった。 | トップページ | S&G パセリ・セイジ・ローズ・マリー・アンド・タイム:理想社会から出発するコンセプト »