« ポール・サイモン One-trick Pony:ポールの自伝的映画のサウンド・トラック | トップページ | Old Friends Live On Stage:涙が溢れてしまいました »

ポール・サイモン ユー・アー・ザ・ワン:人生を昇華したアルバム

 このアルバムは、ヒットするような曲を集めたものではなく、ポール自身の節目のアルバム。「魂の帰る場所」では、「ストーリーを告げるのが僕の役目」と、物語の始まりが静かに宣言され、「愛しのロレイン」「オールド」では、ポールと係わった女性たちの思い出綴り。

 「ユー・アー・ザ・ワン」では、「君こそがその人」と、ポールの人生の様々な出会いと別れを通して、落ち着いた心境が語られています。「静けさの彼方に」では、「不安が消え去った今、僕は静寂の時へと向かっている」と歌っているのですが、このフレーズが、ポールの姿勢を語っているように感じます。スターへの出発点となった「サウンド・オブ・サイレンス」の「静寂の音」から始まって、彼はまた静寂に向かうことを告げています。このアルバムは、ポールの人生を昇華したアルバムと言っても過言ではないと思います。

|

« ポール・サイモン One-trick Pony:ポールの自伝的映画のサウンド・トラック | トップページ | Old Friends Live On Stage:涙が溢れてしまいました »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポール・サイモン ユー・アー・ザ・ワン:人生を昇華したアルバム:

« ポール・サイモン One-trick Pony:ポールの自伝的映画のサウンド・トラック | トップページ | Old Friends Live On Stage:涙が溢れてしまいました »