« ポール・サイモン:ポールの声とギターを聴かせるアルバム | トップページ | ポール・サイモン Hearts and Bones:苦悩の名盤 »

Paul Simon in Concert:Live Rhymin’:ポール・サイモンの初ライブ盤

 ポール・サイモンのソロ・ツアーからセレクトされた「ライブ・ライミン」は、レコードとして発売された当時、公式にはS&G時代を含めて初めてのライブ盤。ポールのステージ上の歌だけでなく、会話を聞くことで感動のアルバムでした。

 「僕とフリオと校庭で」「早く家を帰りたい」「アメリカの歌」では、ポールの生ギターを堪能。その後、ウルバンバをバックに「コンドルは飛んでいく」「ダンカンの歌」「ボクサー」を聴かせてくれます。「明日に架ける橋」は、製作段階ではゴスペル風に企画されていましたが、このライブでは、より荘厳なゴスペル風「明日に架ける橋」を聴かせてくれます。必聴の価値ある一枚です。

|

« ポール・サイモン:ポールの声とギターを聴かせるアルバム | トップページ | ポール・サイモン Hearts and Bones:苦悩の名盤 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Paul Simon in Concert:Live Rhymin’:ポール・サイモンの初ライブ盤:

« ポール・サイモン:ポールの声とギターを聴かせるアルバム | トップページ | ポール・サイモン Hearts and Bones:苦悩の名盤 »