« 中学時代の想い出を追って②:イエス・イッツ・ミー | トップページ | 中学時代の想い出を追って④:悲しきジプシー »

中学時代の想い出を追って③:故郷へかえりたい

97年に飛行機事故でなくなったということを新聞で見て、本当に残念でした。「故郷へかえりたい」は、今小学校の教科書にも掲載されていて、子どもたちからも慕われている曲です。また、宮崎駿の「耳をすましてごらん」の主題曲としても有名な曲です。

カントリー・ウエスタンという言葉を聞いたのは、もうずいぶん前になりますが、彼はどちらかというとカントリー・ロック歌手といった方がぴったりくるような気がします。ご本人は、どのように思っていたかは知りませんが・・。
 この曲をはじめて聴いたのは、中学2年の時だったと思います。それ以降、ライブ・レコードを購入したり、ベストCDも手元にあります。
 「太陽を背に受けて」「ロッキーマウンテン・ハイ」などの名曲は数多くありますが、僕は「フォロー・ミー」「トゥディ」や、この曲のEP盤のB面に入っている「詩と祈りと誓い」が好きです。
 ジョン・デンバーと聞くと、どうしても緑と川のせせらぎを思い起こしてします。それほどまでに自然人をイメージさせる人です。この曲を空で歌えるほどに、レコードにあわせて歌っていた頃が思い出されます。

|

« 中学時代の想い出を追って②:イエス・イッツ・ミー | トップページ | 中学時代の想い出を追って④:悲しきジプシー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中学時代の想い出を追って③:故郷へかえりたい:

« 中学時代の想い出を追って②:イエス・イッツ・ミー | トップページ | 中学時代の想い出を追って④:悲しきジプシー »