« 中学時代の想い出を追って⑦:フレンズ | トップページ | アルバムで追う高校時代①:よしだたくろうオン・ステージ ともだち »

中学時代の想い出を追って⑧:涙のハプニング

「どの曲が、中学時代の最も想い出深い曲か」と問われたら、僕は、躊躇なく「涙のハプニング」と応えます。理由は、どこにでもあることです。淡い初恋が詰まった曲だからです。

僕は、福岡市の市内電車で通学していましたが、その時いつもの時間の電車の同じ場所にいる、女子校の女の子に気が惹かれてしまいました。学校は、市内のミッション系の女子中学校でした。毎日同じ電車に乗り、会えないといろいろ理由を考える毎日でした。また、当時はラジオ局で公開番組があっていましたが、よく出かけたものです。一度公開番組でも見かけたのですが、結局話せずじまいの淡い恋に終ってしまいました。

その頃ヒットしていたのが、エジソン・ライト・ハウスの「涙のハプニング」でした。今聴くと、少し乗り遅れた曲調なんですが、当時は新鮮でした。
 エジソン・ライト・ハウスは、分裂を繰り返しましたが、この曲は3代目の時です。歌詞カードを見ると、英語の上にカタカナを書いたり、歌詞を消したりしていますから、一所懸命歌をマスターしようとしていたんだと思います。
 1970年にヒットした曲で、僕が中学1年生、ポップスが好きになった、きかっけとなった曲です。曲を聴いていると、35年前の僕に触れることができるような感じです。

|

« 中学時代の想い出を追って⑦:フレンズ | トップページ | アルバムで追う高校時代①:よしだたくろうオン・ステージ ともだち »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中学時代の想い出を追って⑧:涙のハプニング:

« 中学時代の想い出を追って⑦:フレンズ | トップページ | アルバムで追う高校時代①:よしだたくろうオン・ステージ ともだち »