« ビートルズ プリーズ・プリーズ・ミー:初期の躍動感を感じるアルバム | トップページ | A Hard Day’s Night-ビートルズがやって来るヤア!ヤア!ヤア!:アイドル=ビートルズを感じて »

ビートルズ レット・イット・ビー:往年のロックバンド=ビートルズにゲット・バック

 最後に発売された彼らのアルバムで、同名映画のサウンド・トッラクでもあります。手元のLPジャケットは、かなり色褪せてしまいましたが、曲には新鮮さを感じます。
 基本のバンド・サウンドに立ち返ろう(ゲット・バック)ということで、1969年にセッションがはじまり、対立がありながらライブ録音されたのですが、その後メンバーがアルバム製作に興味を失ったために、プロデューサーが大胆なミキシングを施し、発売にこぎつけたもの。
 ポールの「レット・イット・ビー」や「ザ・ロング・ワイディング・ロード」「ゲット・バック」などの名曲は聴きどころ。また、「ゲット・バック」は、往年のロック・バンド=ビートルズを感じさせてくれます。

|

« ビートルズ プリーズ・プリーズ・ミー:初期の躍動感を感じるアルバム | トップページ | A Hard Day’s Night-ビートルズがやって来るヤア!ヤア!ヤア!:アイドル=ビートルズを感じて »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビートルズ レット・イット・ビー:往年のロックバンド=ビートルズにゲット・バック:

» ビートルズ 22 [まい・ふぇいばりっと・あるばむ]
NO.01110 ビートルズのアルバム『レット・イット・ビー』 (1970年) 座右の銘:「レット・イット・ビー」 色々意見はあると思いますが、一応ビートルズのラストアルバムです。 思い起こせば..ビートルズを初めて本格的に意識したのが、かの大名曲⑥....... [続きを読む]

受信: 2008年4月28日 (月) 01時14分

« ビートルズ プリーズ・プリーズ・ミー:初期の躍動感を感じるアルバム | トップページ | A Hard Day’s Night-ビートルズがやって来るヤア!ヤア!ヤア!:アイドル=ビートルズを感じて »