« ビートルズ・フォー・セール:ロックのスタンダード曲 | トップページ | ビートルズ レット・イット・ビー:往年のロックバンド=ビートルズにゲット・バック »

ビートルズ プリーズ・プリーズ・ミー:初期の躍動感を感じるアルバム

 初のナンバー1シングルから、タイトルを付けたファースト・アルバム。
 1963年に発売されていますが、初期のビートルズは、ライブ・ステージが中心的の活動をしていたので、このレコーディングは全国ツアーの合間を縫って1日で完成させたという驚きのアルバムです。
 収録曲は、レノン=マッカートニーで8曲、カバー6曲。忙しい中での、レコーディングで、ジョンに至っては風邪をひいて、のど飴をなめながらレコーディングを行ったというのは、伝説的なエピソード。ハンブルグ時代のスタミナがみなぎっている1枚です。
 「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」からはじまり、中間で、「プリーズ・プリーズ・ミー」「ラブ・ミー・ドゥ」で盛り上がりっています。当時は、プロデューサー中心のレコーディングが当たりましでしたが、ビートルズの初期の躍動を感じることができるアルバムです。

|

« ビートルズ・フォー・セール:ロックのスタンダード曲 | トップページ | ビートルズ レット・イット・ビー:往年のロックバンド=ビートルズにゲット・バック »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビートルズ プリーズ・プリーズ・ミー:初期の躍動感を感じるアルバム:

« ビートルズ・フォー・セール:ロックのスタンダード曲 | トップページ | ビートルズ レット・イット・ビー:往年のロックバンド=ビートルズにゲット・バック »