« よしだたくろう 明日に向かって走れ:新しい旅立ちの第一歩 | トップページ | よしだたくろう 伽草子:メロディ・メーカーとしての拓郎を感じるアルバム »

よしだたくろう 人間なんて:拓郎の初期の名盤

 1971年にアルバムが発売されたのですが、よくギター・コピーをしていたせいか、レコードはかなり痛んでいます。
 「人間なんて」「結婚しようよ」は、拓郎のスタンダードですが、そのほかにも名曲とされているものも入っています。「ある雨の日の情景」は、ギター奏法を一生懸命に練習しました。「どうしてこんなに悲しんだろう」は、隠れた名曲。「たくろうチャン」は、誰でも歌えるユーモラスな曲です。
 オリジナル・アルバムとしては2枚目ですが、かなりラフな作り方をされてい

て、聴いていても気負わず聴く事ができる初期の名盤です。

|

« よしだたくろう 明日に向かって走れ:新しい旅立ちの第一歩 | トップページ | よしだたくろう 伽草子:メロディ・メーカーとしての拓郎を感じるアルバム »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よしだたくろう 人間なんて:拓郎の初期の名盤:

« よしだたくろう 明日に向かって走れ:新しい旅立ちの第一歩 | トップページ | よしだたくろう 伽草子:メロディ・メーカーとしての拓郎を感じるアルバム »