« 古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう:拓郎の原点が、ここにある。 | トップページ | よしだたくろう 明日に向かって走れ:新しい旅立ちの第一歩 »

よしだたくろう 青春の詩:拓郎の初々しさが出ているデビュー・アルバム

 アルバム・ジャケットの拓郎の初々しさがきわだっています。
 「青春の詩」「イメージの詩」など、メッセージ性の強い詩の中に、少しユーモアを交えた曲がいいですね。「こうき心」「今日までそして明日から」など、拓郎のスタンダードだけでなく、「雪」のようにその後猫がカバーしたヒット曲が入っています。
 これらの曲をよく聴いていくと、全体的単調さがなく、ロックやボサノバなどを交えて変化を付けたアルバムになっているところは、やはりフォークの貴公子の片鱗が見えていたといっても過言ではないようですね。

|

« 古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう:拓郎の原点が、ここにある。 | トップページ | よしだたくろう 明日に向かって走れ:新しい旅立ちの第一歩 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よしだたくろう 青春の詩:拓郎の初々しさが出ているデビュー・アルバム:

« 古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう:拓郎の原点が、ここにある。 | トップページ | よしだたくろう 明日に向かって走れ:新しい旅立ちの第一歩 »