« サディスティック・ミカ・バンド:かっこよかった「ダンス・ハ・スンダ」 | トップページ | NSP ひとやすみ:想い出をつくってくれた彼らに感謝 »

小椋佳 オリジナル・ベスト:懐かしの名曲で心がときめくベスト

 小椋佳の曲を初めて聴いたのは、高校時代。もう、30数年前になるんですね。当時、テレビ・ドラマ「俺たちの旅」の主題歌としてうたわれていたのが、中村雅俊の同名の曲。当時、「俺たちの旅」「ただお前がいい」のEPレコードを買ってしまいました。この時知ったのが、小椋佳でした。やがて、彼がNHKに出演したのですが、優しい声がもつイメージと違う彼を見て、驚いてしまいました。

 しかしそれから、彼の曲は僕だけでなく、日本を捉えた感じがします。それまでのフォークや歌謡曲とは違う魅力に、とりつかれてしまった感じがします。初期の作品の「しおさいの詩」や「さらば青春」。ドラマで使われた「俺たちの旅」や「盆がえり」。CMに使われた「揺れるまなざし」や「めまい」。演歌風な「夢芝居」や「愛しき日々」など、このベスト盤はジャンルを超えて、かつ小椋佳のイメージを膨らませたベストです。美空ひばりの「愛燦燦」や布施明の「シクラメンのかほり」など、誰が歌っても小椋佳の曲は名曲です。懐かしの名曲を集めたベスト盤で、心がときめきます。

|

« サディスティック・ミカ・バンド:かっこよかった「ダンス・ハ・スンダ」 | トップページ | NSP ひとやすみ:想い出をつくってくれた彼らに感謝 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小椋佳 オリジナル・ベスト:懐かしの名曲で心がときめくベスト:

« サディスティック・ミカ・バンド:かっこよかった「ダンス・ハ・スンダ」 | トップページ | NSP ひとやすみ:想い出をつくってくれた彼らに感謝 »