« NSP Ⅱ:恋愛に憧れていた高校時代 | トップページ | ヴェリー・ベスト・オブ・ディープ・パープル:時代を超えて生き続けるディープ・パープル »

ミレニアム ゴジラベスト/伊福部昭:素晴らしい音楽が映画をさらに盛り上げています

 伊福部昭さんの特撮映画音楽集。 ゴジラが水爆実験の影響で、人類に刃を向いて登場したのが1954年。僕が生まれる前のこと。

 しかし、小学校時代はゴジラに魅了されて、映画に明け暮れていました。子ども同士で映画を見に行き、翌日先生から怒られたこともたびたび。小学校時代は、それほど身近に大衆娯楽施設としての映画がありました。

 この伊福部昭さんの音楽を聴くと、その頃の想い出と映画のシーンが頭を掠めていきます。CDの1曲目は、ゴジラの足音からメインタイトル。人類の前に初めて登場したゴジラの足音と咆哮。そして、あのメインテーマ。懐かしくて、涙が出てしまいます。当時僕は福岡市に住んでいましたが、「空の大怪獣ラドン」を見た後、天神に行って安心したのを思い出します。天神がラドンの襲撃にあったのは、映画の中のこととはわかっていながら、子ども心に心配したのでした。 「フランケンシュタイン対地底怪獣」と「フランケンシュタインの怪獣サンダ対ガイラ」は好きな映画で、今もビデオを見ますが、捜索のテーマとL作戦マーチは名曲だと思います。

 伊福部昭さんの音楽は、映像を通して聴くことはもちろん、音楽だけでも臨場感があります。 彼は、素晴らしい作曲家だと思います。

|

« NSP Ⅱ:恋愛に憧れていた高校時代 | トップページ | ヴェリー・ベスト・オブ・ディープ・パープル:時代を超えて生き続けるディープ・パープル »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミレニアム ゴジラベスト/伊福部昭:素晴らしい音楽が映画をさらに盛り上げています:

« NSP Ⅱ:恋愛に憧れていた高校時代 | トップページ | ヴェリー・ベスト・オブ・ディープ・パープル:時代を超えて生き続けるディープ・パープル »