« 氷の世界:陽水の天才的音楽性を発揮したアルバム | トップページ | 古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう:拓郎の原点が、ここにある。 »

井上陽水 GOLDENBEST:メロディ・メーカーとしての陽水を聴くことができるベスト

 陽水の初期の曲は、なつかしく。現代のナンバーは、安心して聴く事ができます。このアルバムは、両者を兼ねそろえたもので、懐かしい中にも安心して聴く事ができます。
 「少年時代」「リバーサイドホテル」などは、陽水のオリジナル曲として現代的な曲です。
 パフィーの「アジアの純情」、中森明菜の「飾りじゃないのよ涙は」、ほかに「ワインレッドの心」や「ダンスはうまく踊れない」など、カバーされた曲を、陽水のオリジナルとして歌い上げているのは、大変心地よい限りです。
 デビュー当時から現代に至るまでの、メロディ・メーカーとしての陽水を聴く事ができるアルバムです。

|

« 氷の世界:陽水の天才的音楽性を発揮したアルバム | トップページ | 古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう:拓郎の原点が、ここにある。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 井上陽水 GOLDENBEST:メロディ・メーカーとしての陽水を聴くことができるベスト:

« 氷の世界:陽水の天才的音楽性を発揮したアルバム | トップページ | 古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう:拓郎の原点が、ここにある。 »