« ライブ!!はっぴぃえんど:はっぴいなラスト・コンサート | トップページ | 来生たかお バイオグラフィー:大人の感性が漂う選曲 »

よしだたくろう Shangri-la:ニューミュージック界での貫禄のアルバム

 これは、1980年に発売されたアルバム。僕が、大学3年の頃でした。 拓郎にとっては、初めての海外でのレコーディングで、編曲もあちら製。しかし、拓郎節は根強く残っています。

 アルバムでは、ヒット性の曲は余りありませんが、「いつか夜の雨がが」や「Bye Bye Yesterday」などは、拓郎的な仕上がりになっています。全体的には、落ち着きが感じられている分、やはり大御所といわれる立場になった時期です。 しばらく拓郎から遠ざかっていた分、アコースティックの音色を感じたかった頃のアルバムでもあります。

|

« ライブ!!はっぴぃえんど:はっぴいなラスト・コンサート | トップページ | 来生たかお バイオグラフィー:大人の感性が漂う選曲 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よしだたくろう Shangri-la:ニューミュージック界での貫禄のアルバム:

« ライブ!!はっぴぃえんど:はっぴいなラスト・コンサート | トップページ | 来生たかお バイオグラフィー:大人の感性が漂う選曲 »