« オフコース 2000BEST:青春時代の淡い想い出が甦るBEST | トップページ | 松山千春 グレイティスト・ヒッツ:今も生きている千春の道 »

大瀧詠一:シンガー&作曲家・大瀧詠一のスタートを飾るアルバム

 1972年に発売された大瀧詠一のソロ・デビュー・アルバムです。 当時のLPを見ると、当時の関係者の若いこと。松本隆、吉田美奈子、松任谷正隆や細野晴臣など。
 歌詞カードは、大瀧詠一の自筆。これは、貴重なアルバムです。「それはぼくぢゃないよ」「水彩画の町」「乱れ髪」などは、松本隆の詞ですが、アルバム「風街ろまん」を彷彿させるメロディです。「びんぼう」「五月雨」「ウララカ」などは、大瀧詠一好みのロック調の仕上がりです。

このアルバムは地味なんですが、一方ではこれ以降、CMソングやドラマ主題曲などがヒット。「さらばシベリア鉄道」など名曲を世に送り出します。日本のロック・シーンに、奇才を送り出した一枚です。

|

« オフコース 2000BEST:青春時代の淡い想い出が甦るBEST | トップページ | 松山千春 グレイティスト・ヒッツ:今も生きている千春の道 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大瀧詠一:シンガー&作曲家・大瀧詠一のスタートを飾るアルバム:

« オフコース 2000BEST:青春時代の淡い想い出が甦るBEST | トップページ | 松山千春 グレイティスト・ヒッツ:今も生きている千春の道 »